RSS



雑談

あんまり言われてないけど、仮想通貨バブルの影の主役って戦争の影だよな

投稿日:

1: (´‐`) 2018/04/14(土) 12:40:41.35 ID:HJVIPhd4
去年の高騰とか
絶対、朝鮮半島での戦争のリアルな危機感が
背景にあったよな

 

引用元: ・あんまり言われてないけど、仮想通貨バブルの影の主役って戦争の影だよな

2: (´‐`) 2018/04/14(土) 12:41:51.36 ID:HLNgTRSW
正解

 

4: (´‐`) 2018/04/14(土) 12:45:11.48 ID:ftCCf/3h
そうだよ、完全にそう
今のシリアも
一般庶民は理解を示すことはないだろう

 

5: (´‐`) 2018/04/14(土) 12:49:09.63 ID:HJVIPhd4
シリアは
正直外野にはどうなるのかよくわからんよね
結局、なあなあなんじゃないの、みたいな観測が多いが
どの程度、市場に織り込まれているのかも含め
ちょっとわからん

 

3: (´‐`) 2018/04/14(土) 12:44:22.22 ID:HJVIPhd4
日本、韓国で流行ってたのって
要するにそういうことだよな
自国通貨暴落するかもしれんし

 

7: (´‐`) 2018/04/14(土) 13:09:59.07 ID:u4nO3pBr

>>3
それはあった、あきらかに通貨リスクがあって迂回地を探す需要があった
中国においては租税回避と為替リスクのためにってのが

ようはこれ実は極東地域周辺の通貨ギャップ解消のはけ口
EUもユーロがなければ仮想通貨流行ってるって話
なら相対的に仮想通貨じゃなく、現実の現金の信用性やらその他が解消すればこんなもん無価値になる

時期的に完全に次のBTC半減期、オリンピックが境目
そして同時期から円高が起こるから、相対的にBTC=円報酬も目減りするわけやん
そしたら国内でBTCにかえる金=景気も、円での価値もなくなるからそれだけ目減りする

無論仕手側はそれをじゅうじゅう理解した上で、少しでも価値が下がるのを避けるために2020年中は仕込んで景況感を作るだろう

けど2021-2022は景気のせいで後退
次にリスクありつつも後退
で2023年?の半減期はちょいと盛り上がって、そこからうだうだモードに入る

理由は2018年に7nmチップ、2020年に5nm、2021年に4nmチップ、2022年に3.5nmチップ、2023年に3nmチップ、2025年に2nmチップ、2027年に1nmチップくらいまでは進化する

けどLSI業界的に理論的に
7nmで0w級組み込み省エネチップでコアM、armでi3
3nmで0w級でi3、armで6コアi5でパワーアップする

都合LSI業界では2-3nm以上の進化でおしまいってなるから、それ以上はマイニングマシンはパワーアップしない
またパワー、能力、ワッパ的に仮想通貨需要にたいして必要なパワーレートも3-5nmでおしまいってなる

その限界機と2025年以降の通貨安定がくると、マイニングファームも取引所も機能しなくなって、仮想通貨価値はいまの1/10くらいまで超暴落するよ

 

8: (´‐`) 2018/04/14(土) 13:17:21.08 ID:u4nO3pBr

LSIのコストは安く作れるのは10-12nmまで
もっとも定価が高めだったマイニング業界では5-7nmまでコスト許容できるだろうと

armやLSI需要×コスパの要求は7-10nmで一旦止まる予定だからこそ7-10nm主力時代は長い
つまり3nmなんかはニーズしょぼい=高いってなるんだよね

5nmが2019-2020、3nmが2022ならそれだけ普及が遅れる=機械が遅れる=リスクがあがり回収性が悪化する
となっていく

結果普通にファームや一般層が導入できる上限はせいぜい5-7nmまでで、3nmとかはGMOとクラウドマイニングでしか導入できないような状況になるだろう

 

10: (´‐`) 2018/04/14(土) 16:06:32.28 ID:Pcs4Szn/
>>8
lsiの件凄く納得した
結局は1000人のクジラが半減期の悲壮感とかも利用しつつ
上手く売りぬける為の流れか

 

9: (´‐`) 2018/04/14(土) 13:32:17.35 ID:HJVIPhd4
なんかすごい長文きたな
多分半分くらいしか理解できてないけど
参考にさせてもらうわ
ありがとう

 

 

gad




gad




取引所

草コインを買うための手順

草コインを買いたい場合は、まずは日本の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入してそれを海外の取引所に送り草コインに変えるという流れになります。

国内の取引所に登録していない場合は、金融庁から仮想通貨交換業者に認定されたGMOコインをお勧めします。

GMOコインではBitFlyerでは現在取り扱っていない人気通貨Rippleが購入できます。そしてなんと言っても各種手数料が無料で、日本円の入出金手数料が無料です。(振込入金に伴う振込手数料は負担)また、ビットコインの出金や現物取引にかかる取引手数料も無料。購入価格と売却価格の差額(スプレッド)も他の取引所よりも安いことが多く、お得に売買することができます。

GMOコインへの登録はこちらから

海外の草コイン多めの取引所一覧

世界でも屈指の大手取引所で、草コインも多く取り扱っています。
取引手数料は0.1%と安く、取引所トークンのBNBを持っている場合はさらに50%の割引を受けることができます。

Binanceへの登録はこちらから

珍しいBCH(ビットコインキャッシュ)建てが基軸の取引所。
ここでしか取引所トークンのCET取引マイニングの開始を発表してから暴騰し話題になりました。取引手数料の100%がCETトークンで配布され、CET保有者に取引手数料分の80%の配当があり、4半期ごとに運営が買戻しするそうなので価格も安定するそうなので取引所トークンを買うなら断然おすすめです。取引手数料は0.1%。

CoinExへの登録はこちらから

世界最多の500種以上のコインを扱う取引所。とにかく草コインがめちゃくちゃ多く、将来急成長するようなコインを安く手に入れられるかも。怪しそうなコインもチラホラあるので気を付けましょう。取引手数料は0.2%。

Cryptopiaへの登録はこちらから

国内で有名な草コインはほとんどここに集まるといっても過言ではない取引所。Cryptopiaと特徴はだいたい同じですが、取引手数料は0.15%とこちらの方が安い。NANJやVIPSなど人気の国産コインがよく上場している。

CoinExchangeへの登録はこちらから

CryptopiaとCoinExchangeの中間みたいな取引所。サイコロゲーム(Dice)で仮想通貨を賭けたり、仮想通貨を一時的に預ける(InvestBox)ことで配当が貰えたりユニークなサービスがあるのが特徴。取引手数料は0.2%

Yobitへの登録はこちらから

-雑談
-, ,

Copyright© 草生えた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.