RSS



規制

【規制】GoogleやFacebookに追随し、Twitterも段階的に仮想通貨広告禁止を発表。ただし日本は金融庁の許可を得ていればOK

投稿日:

1: (´‐`) 2018/03/28(水) 10:54:23.97 ID:CAP_USER9

日本は金融庁の許可を得ていればOK

Twitterが、3月27日より暗号通貨(仮想通貨)に関連する広告を段階的に禁止すると発表しました。暗号通貨やその取引所、ICOなどを扱う広告には詐欺的内容のものが目立つことからFacebookが1月に広告を禁止すると発表、Googleも6月以降は自社サービスからそれら広告を取り除くと発表しています。
これら前例もすでにあるため、Twitterが暗号通貨関連広告を禁止することはもはやそれほど衝撃的なことではありません。多くのICO(Initicial Coin Offering:暗号通貨を使う資金調達)は投機的で危ういものであり、極端な例を言えば最初から詐欺目的だったりするものもあります。

また取引所の管理の甘さなどを突いた暗号通貨の大量流出事件も複数発生、個人レベルでもマルウェア感染で暗号通貨を盗まれたり、知らぬ間にマイニングをさせられていたなどという事例があります。

FacebookやGoogle、Twitterには、いずれも暗号通貨にまつわる悪いイメージや金融犯罪につながる可能性から距離を置きたい意図があります。金融コンサルティング企業KapronasiaのZennon Kapron氏は「暗号通貨関連の広告はたしかに良い収入源ではあるものの、ソーシャルサイトが正規のICOと詐欺的なICOを見分けるのは非常に難しく、ユーザーが不正行為の被害にあってしまうリスクのほうが遥かに大きい」とロイターに語っています。

つまり、リスクの部分が技術的に軽減されるか、被害発生時にユーザーを保護できる効果的なルールができない限り、ほとんどの暗号通貨関連広告は許可されないと思って良さそうです。

ちなみに日本では、金融庁に許可を得た仮想通貨取引所は、Twitterに承諾を得ることで広告を出せると、ポリシーのページに記載されています。

https://japanese.engadget.com/2018/03/27/twitter-google-facebook/

 

引用元: ・【経済】Twitterも仮想通貨広告禁止を発表。Google、Facebookに追随「コミュニティの安全を確保」

6: (´‐`) 2018/03/28(水) 11:05:56.60 ID:mt+qT7tf0
年末年始TV番組で「仮想通貨最近始めました」
とか言っていた人達は元気にしているのだろうか

 

7: (´‐`) 2018/03/28(水) 11:06:38.60 ID:ydo70dRr0

中国が仮想通貨を禁止。自分らの管理できないところで
金が動くから当然。

だが中国国民は、なんとか国の管理の及ばない所に
財産を移したい。それには仮想通貨が1番手軽。

それに目をつけた日本政府は、他国に先駆けて
仮想通貨を推進。中国人たちはそこに自分の金を
じゃんじゃん退避。
これで武器ではなく、金で中国を押さえつける計画だった。

 

12: (´‐`) 2018/03/28(水) 11:29:10.98 ID:2SanTsJ30
みんな儲けたから、そろそろ閉店て事か

 

13: (´‐`) 2018/03/28(水) 11:46:41.84 ID:42nsPg6R0
最後まで広告するのはテレビだろうな

 

14: (´‐`) 2018/03/28(水) 12:07:32.40 ID:tfFQ/20T0
ユーザの安全はわかるがコミュニティの安全になんの関係があるんだ

 

15: (´‐`) 2018/03/28(水) 12:23:25.10 ID:aoYPnEMG0
ネズミ講、ネットワークビジネスの類も締め出せよw
多すぎなんだよw

 

16: (´‐`) 2018/03/28(水) 12:23:44.79 ID:miRFRtrF0
GACKTさん・・・・・・

 

18: (´‐`) 2018/03/28(水) 12:55:57.72 ID:dneXeSFY0
宣伝効果薄くなって閉店か

 

19: (´‐`) 2018/03/28(水) 12:58:20.41 ID:c7OxCHef0
GoogleはYouTubeの動画投稿者が
怪しげな仮想通貨をゴリゴリに買い煽っとるやんけ

 

23: (´‐`) 2018/03/28(水) 17:12:56.27 ID:yD/BK7680
ICOに極端に詐欺が多くてそれをやるやつと広めるやつが規制されればもう安全なんじゃないかね

 

 

gad




gad




取引所

草コインを買うための手順

草コインを買いたい場合は、まずは日本の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入してそれを海外の取引所に送り草コインに変えるという流れになります。

国内の取引所に登録していない場合は、金融庁から仮想通貨交換業者に認定されたGMOコインをお勧めします。

GMOコインではBitFlyerでは現在取り扱っていない人気通貨Rippleが購入できます。そしてなんと言っても各種手数料が無料で、日本円の入出金手数料が無料です。(振込入金に伴う振込手数料は負担)また、ビットコインの出金や現物取引にかかる取引手数料も無料。購入価格と売却価格の差額(スプレッド)も他の取引所よりも安いことが多く、お得に売買することができます。

GMOコインへの登録はこちらから

海外の草コイン多めの取引所一覧

世界でも屈指の大手取引所で、草コインも多く取り扱っています。
取引手数料は0.1%と安く、取引所トークンのBNBを持っている場合はさらに50%の割引を受けることができます。

Binanceへの登録はこちらから

珍しいBCH(ビットコインキャッシュ)建てが基軸の取引所。
ここでしか取引所トークンのCET取引マイニングの開始を発表してから暴騰し話題になりました。取引手数料の100%がCETトークンで配布され、CET保有者に取引手数料分の80%の配当があり、4半期ごとに運営が買戻しするそうなので価格も安定するそうなので取引所トークンを買うなら断然おすすめです。取引手数料は0.1%。

CoinExへの登録はこちらから

世界最多の500種以上のコインを扱う取引所。とにかく草コインがめちゃくちゃ多く、将来急成長するようなコインを安く手に入れられるかも。怪しそうなコインもチラホラあるので気を付けましょう。取引手数料は0.2%。

Cryptopiaへの登録はこちらから

国内で有名な草コインはほとんどここに集まるといっても過言ではない取引所。Cryptopiaと特徴はだいたい同じですが、取引手数料は0.15%とこちらの方が安い。NANJやVIPSなど人気の国産コインがよく上場している。

CoinExchangeへの登録はこちらから

CryptopiaとCoinExchangeの中間みたいな取引所。サイコロゲーム(Dice)で仮想通貨を賭けたり、仮想通貨を一時的に預ける(InvestBox)ことで配当が貰えたりユニークなサービスがあるのが特徴。取引手数料は0.2%

Yobitへの登録はこちらから

-規制
-, , , ,

Copyright© 草生えた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.