RSS



ニュース等

【仮想通貨】自動車にレーンを譲って渋滞解消に貢献すると仮想通貨がもらえるシステムをフォードが開発

投稿日:

1: (´‐`) 2018/04/05(木) 19:30:04.71 ID:HaqFsLaV0

もし、仮想通貨をマイニング(採掘)して入手するのではなく、交通渋滞中に割り込んでくる自動車にレーンを譲り、渋滞解消に貢献すれば仮想通貨がもらえるとしたら、あなたは喜んで譲るでしょうか?

・・・

実際にこういったトークンが存在する。渋滞解消に貢献する仮想通貨はCMMPトークンと呼ばれ、「Cooperatively Managed Merge and Pass(協調型合流・追い越し管理)」の略となる。

交通渋滞中に、走行車同士が交信し合って、一方がレーンを譲る中であえて合流・追い越しに積極的に協力して、渋滞解消に貢献したドライバーにCMMPトークンが与えられるシステムである。特許は、発明したフォード・モーターズ(米自動車メーカー)のグループ社、フォード・グローバル・テクノロジーズに与えられた。

参加・協調型車両間通信・速度調整モジュールのCMMPトークン発行
そもそも交通渋滞は、ドライバーの心理に大きく左右される。従って交通渋滞は、「それぞれ個々の移動時間の好み(選択肢)を重視する人間(ドライバー)の心理によって左右され、イライラが募り、ドライバーの心理が総じて悪化するときに発生する」のである。

特許は「車両対車両の協調による交通整理のための装置もしくは手段」と呼ばれ、CMMPは言い換えれば、「参加・協調型の車両間通信・巡航速度調整モジュール」のようなもの。CMMPはまた、交通パターンについて相互に話し合い、ドライバーの状況に関するデータをモニター、収集することができる。

このモジュールを搭載した参加者(ドライバー)は、互いにデータを共有し合えるモニターとの通信手段を搭載しているので、走行中の相手の状況を良く把握することができる。実際は、ドライバーがそれぞれ希望する運転時間を通信し、ドライバーの間でCMMPトークンを取引することになる。

もっと詳しく言うと、例えば約束に間に合わないなどの理由で遅れを取り戻したいドライバーが、ほかのドライバーにリクエストを送り、余裕のあるドライバーから承諾が得られれば、CMMPトークン1枚を支払って、10秒間優先的に道を譲ってもらうことができる。

フォード社は2016年から、このスマート・モビリティ・ソリューションの開発を進め、2018年3月27日、米特許商標庁から特許(No.9928746)が認められた。ブロックチェーン技術が自発的な交通整理を促し、「譲り合いの精神」で社会問題を解決する夢のような話だ。
https://coinchoice.net/eliminate-traffic-congestion-token/

 

出典:https://coinchoice.net/eliminate-traffic-congestion-token/

引用元: ・割り込んでくる自動車にレーンを譲って渋滞解消に貢献すると仮想通貨がもらえるシステムを開発

2: (´‐`) 2018/04/05(木) 19:31:32.05 ID:HX9XkCcJ0
面白いな。
信号で停まった時に充電したりしたら、仮想通貨で支払うのか

 

3: (´‐`) 2018/04/05(木) 19:33:09.07 ID:UKqhqZGX0
ちょっとサクラ呼んでくる

 

6: (´‐`) 2018/04/05(木) 19:36:25.22 ID:DmbKmLEu0
渋滞解消になるんか?

 

9: (´‐`) 2018/04/05(木) 19:38:35.54 ID:r1ucsQAW0
ずっと同じとこグルグルして稼げるな

 

11: (´‐`) 2018/04/05(木) 19:48:22.68 ID:kFcNu+cq0
>>9
俺と組もうぜw

 

14: (´‐`) 2018/04/05(木) 20:44:31.47 ID:MAgPqm4T0
これは1kmでも速度違反したらどんどん違反摘発できるようになるフラグだろ

 

15: (´‐`) 2018/04/05(木) 20:48:28.49 ID:rX7mgphG0
いやこれでコインもらえるならわざとトロトロ走ってガンガン追い抜いて貰うだろ
むしろ渋滞の原因になるわ

 

16: (´‐`) 2018/04/05(木) 21:28:40.47 ID:N5iPk2nL0
マジか
本線せき止めて10台くらい通しちゃるわ

 

 

gad




gad




取引所

草コインを買うための手順

草コインを買いたい場合は、まずは日本の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入してそれを海外の取引所に送り草コインに変えるという流れになります。

国内の取引所に登録していない場合は、金融庁から仮想通貨交換業者に認定されたGMOコインをお勧めします。

GMOコインではBitFlyerでは現在取り扱っていない人気通貨Rippleが購入できます。そしてなんと言っても各種手数料が無料で、日本円の入出金手数料が無料です。(振込入金に伴う振込手数料は負担)また、ビットコインの出金や現物取引にかかる取引手数料も無料。購入価格と売却価格の差額(スプレッド)も他の取引所よりも安いことが多く、お得に売買することができます。

GMOコインへの登録はこちらから

海外の草コイン多めの取引所一覧

世界でも屈指の大手取引所で、草コインも多く取り扱っています。
取引手数料は0.1%と安く、取引所トークンのBNBを持っている場合はさらに50%の割引を受けることができます。

Binanceへの登録はこちらから

珍しいBCH(ビットコインキャッシュ)建てが基軸の取引所。
ここでしか取引所トークンのCET取引マイニングの開始を発表してから暴騰し話題になりました。取引手数料の100%がCETトークンで配布され、CET保有者に取引手数料分の80%の配当があり、4半期ごとに運営が買戻しするそうなので価格も安定するそうなので取引所トークンを買うなら断然おすすめです。取引手数料は0.1%。

CoinExへの登録はこちらから

世界最多の500種以上のコインを扱う取引所。とにかく草コインがめちゃくちゃ多く、将来急成長するようなコインを安く手に入れられるかも。怪しそうなコインもチラホラあるので気を付けましょう。取引手数料は0.2%。

Cryptopiaへの登録はこちらから

国内で有名な草コインはほとんどここに集まるといっても過言ではない取引所。Cryptopiaと特徴はだいたい同じですが、取引手数料は0.15%とこちらの方が安い。NANJやVIPSなど人気の国産コインがよく上場している。

CoinExchangeへの登録はこちらから

CryptopiaとCoinExchangeの中間みたいな取引所。サイコロゲーム(Dice)で仮想通貨を賭けたり、仮想通貨を一時的に預ける(InvestBox)ことで配当が貰えたりユニークなサービスがあるのが特徴。取引手数料は0.2%

Yobitへの登録はこちらから

-ニュース等
-, , , ,

Copyright© 草生えた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.