RSS



ブロックチェーン

【仮想通貨】ブロックチェーンで起業はこれから?Gunosy創業者の分析は「今のタイミングが波に乗れるかどうかギリギリのところ」

投稿日:

1: (´‐`) 2018/08/10(金) 05:39:15.70 ID:CAP_USER

◆ブロックチェーンで起業はこれから? 「いや……」 Gunosy創業者の分析は

「ブロックチェーン事業での起業は今がラストチャンスだと思っている」――
情報アプリを運営するGunosyと、ICOコンサルティング事業などを手掛けるAnyPayが共同出資して8月1日に設立した合弁会社LayerX。
6日に開催したエンジニア採用イベントで、LayerXの福島良典社長(Gunosy創業者)が同社創業の狙いを語った。

■「これからブロックチェーン」と思っているかもしれないが……

福島社長はGunosyの代表を8月24日付で退任し、LayerXでの新規事業のみを担当する考え。

「Gunosyの代表を続けながらLayerXの事業も行う選択肢もあったが、リソース配分やKPI設定が難しい。平行するには相当の集中力が必要」と話す。
「ブロックチェーンには世界中の天才たちが、人生を懸けて新事業を展開している。中途半端なリソースでは彼らに勝てない」と、自身もリソースの全てをブロックチェーンへ注ぐことを決心した。

また、福島社長は「ブロックチェーンは20年ぶりに訪れた大チャンス。インターネット以来の大きな波だ」と現状を認識。
「インターネットで大きくなった会社はほとんどが95年~98年に生まれている。その次はモバイルインターネットで、09年~12年。
では第3の波であるブロックチェーンはというと、13年~15年に出てきた会社やプロジェクトが支配的な立ち位置にいる」と、これまでの技術的変化の波と最適な起業タイミングを分析する。

こうした分析の上に立つと、18年という今は「ラストチャンス」だという。
「世間的には『これからブロックチェーン』と思っているかもしれないが、僕からすれば今のタイミングが、波に乗れるかどうかギリギリのところ」(福島社長)

12年にGunosyを立ち上げ、ギリギリ第2の波に乗れた福島社長。
今回の波も逃す手はないと意気込む。

■多くの会社にブロックチェーンノウハウは蓄積されない

LayerXでは、ブロックチェーン上のトークン設計や、実装コードの監査サービスを提供する予定だ。
さまざまな企業がブロックチェーンに注目しているが、日本にはブロックチェーンに関する正しい情報や最先端の事例が少なく、企業やエンジニアにノウハウがたまっていないと福島社長は指摘。

LayerXはブロックチェーン導入を検討する企業とともに、プロジェクトの実現可能性や設計、実装をコンサルティングすることで、自社内にブロックチェーン技術のノウハウを蓄積することを目指す。
また、ブロックチェーンの日本最大エンジニア向けコミュニティー「BlockChain.Tokyo」の運営や、自社事業を通して国内のブロックチェーンエンジニアを育成する。
中長期には、独自チェーンの開発や自社プロダクトを展開したいとしている。

「他の業務にリソースを割かれない環境で、1日中ブロックチェーンの技術のことだけを考えたいという人は、ぜひ弊社に来てほしい」(福島社長)と、イベントに参加したエンジニアたちに呼びかけた。

写真:LayerXの福島良典社長(Gunosy創業者)
no title

ITMedia 2018年08月09日 12時31分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/09/news078.html

 

引用元: ・【仮想通貨】ブロックチェーンで起業はこれから?Gunosy創業者の分析は「今のタイミングが波に乗れるかどうかギリギリのところ」

3: (´‐`) 2018/08/10(金) 06:05:23.08 ID:aVBjpyZ0
ブロックチェーン言ってもいまのところ
ソースコードはほぼbitcoinのフォークになってますよね
それを1から開発するのはすごいことだとは思うが

 

10: (´‐`) 2018/08/10(金) 08:12:17.44 ID:2Co02ZpH
>>3
正直ビットコインのチェーンでいいところはパブリックチェーンであるところだよね
企業でプライベートチェーン作ってやってるところも多いけど
プライベートチェーンなんていくらでも改竄されてるリスクがあるからサーバー型と何も変わらない
ブロックチェーンだからってなんでも凄いと思う人が
いるのが本当に良いものを潰してる気がする

 

7: (´‐`) 2018/08/10(金) 06:27:11.89 ID:neeFtJY8
ブロックチェーンの夢は中堅クラスのコインでも51%アタックされた時点で死んだ

 

8: (´‐`) 2018/08/10(金) 07:24:29.57 ID:4p4bVJ8R

要はブロックチェーンの強みはセキュリティだろ?

エッジ側AIの開発で
世の中のものが、例えば道路なら信号機や街路灯、電柱についたセンサーなど商品側で情報を蓄積するようになる

セキュリティがないと困るよね

で、ブロックチェーンってそういうとき使えるのかな?

 

9: (´‐`) 2018/08/10(金) 07:39:52.14 ID:yTvUKaBk
>>8
セキュリティーというか改竄耐性がたかいだけ
不正には弱い

 

11: (´‐`) 2018/08/10(金) 08:22:15.54 ID:sLt6yme7
もう遅いよ
金融庁の役人が新しい技術と詐欺との区別がつけられなくて
ブロックチェーンをまともに稼働させられる会社まで潰してる

 

12: (´‐`) 2018/08/10(金) 08:26:04.75 ID:v7G7+Q2L
ブロックチェーン自体の運用コストが高いので
ビジネス化は難しいだろうな

 

17: (´‐`) 2018/08/10(金) 18:14:24.30 ID:wByRFIKS
株が上がれば何してもいいよ

 

18: (´‐`) 2018/08/11(土) 02:53:15.96 ID:KAIABPuN
誰もブロックチェーンのこと分からないんだから事業やるのは正解
これがブルーオーシャンや

 

 

gad

gad

取引所

草コインを買うための手順

草コインを買いたい場合は、まずは日本の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入してそれを海外の取引所に送り草コインに変えるという流れになります。

国内の取引所に登録していない場合は、金融庁から仮想通貨交換業者に認定されたGMOコインをお勧めします。

GMOコインではBitFlyerでは現在取り扱っていない人気通貨Rippleが購入できます。そしてなんと言っても各種手数料が無料で、日本円の入出金手数料が無料です。(振込入金に伴う振込手数料は負担)また、ビットコインの出金や現物取引にかかる取引手数料も無料。購入価格と売却価格の差額(スプレッド)も他の取引所よりも安いことが多く、お得に売買することができます。

GMOコインへの登録はこちらから

海外の草コイン多めの取引所一覧

世界でも屈指の大手取引所で、草コインも多く取り扱っています。
取引手数料は0.1%と安く、取引所トークンのBNBを持っている場合はさらに50%の割引を受けることができます。

Binanceへの登録はこちらから

珍しいBCH(ビットコインキャッシュ)建てが基軸の取引所。
ここでしか取引所トークンのCET取引マイニングの開始を発表してから暴騰し話題になりました。取引手数料の100%がCETトークンで配布され、CET保有者に取引手数料分の80%の配当があり、4半期ごとに運営が買戻しするそうなので価格も安定するそうなので取引所トークンを買うなら断然おすすめです。取引手数料は0.1%。

CoinExへの登録はこちらから

世界最多の500種以上のコインを扱う取引所。とにかく草コインがめちゃくちゃ多く、将来急成長するようなコインを安く手に入れられるかも。怪しそうなコインもチラホラあるので気を付けましょう。取引手数料は0.2%。

Cryptopiaへの登録はこちらから

国内で有名な草コインはほとんどここに集まるといっても過言ではない取引所。Cryptopiaと特徴はだいたい同じですが、取引手数料は0.15%とこちらの方が安い。NANJやVIPSなど人気の国産コインがよく上場している。

CoinExchangeへの登録はこちらから

CryptopiaとCoinExchangeの中間みたいな取引所。サイコロゲーム(Dice)で仮想通貨を賭けたり、仮想通貨を一時的に預ける(InvestBox)ことで配当が貰えたりユニークなサービスがあるのが特徴。取引手数料は0.2%

Yobitへの登録はこちらから

-ブロックチェーン
-, , , ,

Copyright© 草生えた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.