RSS



ニュース等

【アルプス山脈】軍隊レベルのセキュリティー スイス核シェルターが仮想通貨の金庫に

投稿日:

1: (´‐`) 2018/07/29(日) 00:00:35.92 ID:CAP_USER9

 スイスクリプトボルト(Swiss Crypto Vault)他のサイトへはビットコインなどの仮想通貨の半民間銀行としての地位を確立する。従来型の銀行が受け入れない仮想通貨の受け皿になっている。SCVは顧客の資産と同社自身のバランスシートを完全分離しているため、銀行業の免許は必要ない。

 富裕層やヘッジファンド、ファミリー企業などの保有する仮想通貨資産は、繰り返しハッカーの標的になる。SCVの金庫サービスはそんな彼らの需要で急成長。例えばビットコインの「億り人」(投資で億単位の資産を築いた人)の自宅に犯罪者が押し入り、仮想通貨の取引に必要な暗号コード「秘密鍵」を聞き出すという事件も発生した。

 イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を通してブロックチェーン関連のスタートアップ企業に投資しやすくなったこともあり、資産家・機関の数はぐんぐんと伸びている。核シェルターを金庫にする革新技術が登場したのはそのためだ。

アルプスの奥深くに
 ICOを実施するスタートアップ企業は、新しい技術を使ったり将来の収益を売り買いしたりできるトークンを発行。トークンの売上を事業資金に充てる。トークンの多くは仮想通貨の投資家が購入する。

 オンラインニュースサイトのコインデスクによると、2018年1~3月期にICOで63億ドル(約7千億円)が調達された他のサイトへ。2017年通年の調達額をあっという間に上回った。業界関係者は、その8割は富裕層や専門の投資家による投資だと見積もる。

 SCVは、規制が企業に親和的で、政治的に安定し、ブロックチェーン企業が多く集まるスイスの評判をフル活用し、アルプスの奥深くに「銀行レベル」のサーバーを設置した。顧客は安全に仮想通貨を保管し、特殊なウェブポータルサイトを通じて世界のどこからでも引き出すことができる。

 一段と確かな安全を求める顧客のために、SCVと第三者の企業が同時に承認しないと引き出せないシステムもある。銀行の金庫を開けるために複数の鍵管理者が立ち会うのと同じ仕組みだ。

 スイスに本社がある仮想通貨企業Xapo(ザポ)他のサイトへもスイスアルプスの山中に金庫を開設した。だがSCVは、自社の技術は独自だと自信をのぞかせる。

情報通信の革命
 SCVはツーク州に本拠を置く仮想通貨企業ビットコイン・スイス他のサイトへと、貴金属や美術品など貴重品をアルプスの金庫で管理するスイス・ゴールド・セーフ他のサイトへのジョイントベンチャーだ。顧客はビットコインやビットコイン・キャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、ビットコイン・ゴールドのほか、ERC20、ERC233規格のすべてのトークンを保管できる。他の仮想通貨も今後追加していく予定だ。

 仮想通貨の少額投資家向けには、USBスティックサイズの「デジタル・ウォレット」と呼ばれる機器がある。オフラインでハッカーの攻撃を防ぐには十分なセキュリティーだ。だが数百万ドルを取引する投資家には向かず、別のハッカー対策への需要が高まっている。

 ツーク州に本拠を置くクリプト・ストレージ他のサイトへもその一つ。意外にも、政府出資の通信企業スイスコムもそうした事業に乗り出した。ハード・ソフトウェアの作成者を集めた子会社スイスコム・ブロックチェーン他のサイトへを立ち上げ、オーダーメイドで大投資家に資産保管サービスを提供する。

 「今や数百万ドル単位を仮想通貨に投資する人がいる」。スイスコム・ブロックチェーンの最高経営責任者(CEO)、ダニエル・アウデンシルト氏はこう語る。「このような規模になると、通常の管理手法はたちまち通用しなくなる」

 アウデンシルト氏は「仮想通貨の金庫サービスを手がける大プロバイダーが登場し、一つの産業に成長するにはまだ数年かかる。大企業が手を出すまで、顧客に金庫サービスを提供したいこれらの金融機関にとっては収益性の高い事業となるだろう」と見ている。

swissinfo.ch 2018-07-28 09:00
https://goo.gl/FmDTqZ

引用元: ・【アルプスの新たな活用法】軍隊レベルのセキュリティー スイス核シェルターを仮想通貨の金庫に

4: (´‐`) 2018/07/29(日) 00:03:10.02 ID:Bn5/TdUV0
軍隊レベルの意味がよくわからない

 

25: (´‐`) 2018/07/29(日) 01:28:41.70 ID:b5qpyXM00
>>4
軍隊レベルなんで、
1トン爆弾の直撃には耐えるが、
ハッキングには無理って言いたいのかな

 

9: (´‐`) 2018/07/29(日) 00:11:47.53 ID:/qwXkjq10
いくら軍事レベルといっても、結局人間が出入りするわけでしょ?
人間が絡む以上、あまり意味ないじゃん

 

13: (´‐`) 2018/07/29(日) 00:15:54.32 ID:PoUQ4WWT0
安全アピールのパフォーマンスでしょ
もっと仮想通貨にお金入れてねっていう
仮想通貨自体全く信じてないが、世界中の強欲共が流行らそう流行らそうとしてるから、今乗っかっても一儲け出来るかもしれん
ビットコインは上がりすぎてるからもう駄目だと思うけど

 

17: (´‐`) 2018/07/29(日) 00:25:29.36 ID:6MnT8VW40
アルプスと言えば少女

 

19: (´‐`) 2018/07/29(日) 00:30:16.68 ID:0hc0qTPW0
子ヤギの上で踊ればええんか?

 

26: (´‐`) 2018/07/29(日) 01:39:42.10 ID:vRf17k/f0
スイスと言えばSIG

 

32: (´‐`) 2018/07/29(日) 09:02:36.33 ID:t2t5IzKV0
金の延べ棒でも持ってたらいいんじゃない

 

33: (´‐`) 2018/07/29(日) 16:50:57.92 ID:e1tUF2He0
結局大口はこういう保管方法になるんだろうな
取引所は盗まれる個人ではセルフゴックスがあるから

 

gad




gad




取引所

草コインを買うための手順

草コインを買いたい場合は、まずは日本の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入してそれを海外の取引所に送り草コインに変えるという流れになります。

国内の取引所に登録していない場合は、金融庁から仮想通貨交換業者に認定されたGMOコインをお勧めします。

GMOコインではBitFlyerでは現在取り扱っていない人気通貨Rippleが購入できます。そしてなんと言っても各種手数料が無料で、日本円の入出金手数料が無料です。(振込入金に伴う振込手数料は負担)また、ビットコインの出金や現物取引にかかる取引手数料も無料。購入価格と売却価格の差額(スプレッド)も他の取引所よりも安いことが多く、お得に売買することができます。

GMOコインへの登録はこちらから

海外の草コイン多めの取引所一覧

世界でも屈指の大手取引所で、草コインも多く取り扱っています。
取引手数料は0.1%と安く、取引所トークンのBNBを持っている場合はさらに50%の割引を受けることができます。

Binanceへの登録はこちらから

珍しいBCH(ビットコインキャッシュ)建てが基軸の取引所。
ここでしか取引所トークンのCET取引マイニングの開始を発表してから暴騰し話題になりました。取引手数料の100%がCETトークンで配布され、CET保有者に取引手数料分の80%の配当があり、4半期ごとに運営が買戻しするそうなので価格も安定するそうなので取引所トークンを買うなら断然おすすめです。取引手数料は0.1%。

CoinExへの登録はこちらから

世界最多の500種以上のコインを扱う取引所。とにかく草コインがめちゃくちゃ多く、将来急成長するようなコインを安く手に入れられるかも。怪しそうなコインもチラホラあるので気を付けましょう。取引手数料は0.2%。

Cryptopiaへの登録はこちらから

国内で有名な草コインはほとんどここに集まるといっても過言ではない取引所。Cryptopiaと特徴はだいたい同じですが、取引手数料は0.15%とこちらの方が安い。NANJやVIPSなど人気の国産コインがよく上場している。

CoinExchangeへの登録はこちらから

CryptopiaとCoinExchangeの中間みたいな取引所。サイコロゲーム(Dice)で仮想通貨を賭けたり、仮想通貨を一時的に預ける(InvestBox)ことで配当が貰えたりユニークなサービスがあるのが特徴。取引手数料は0.2%

Yobitへの登録はこちらから

-ニュース等
-, , , , ,

Copyright© 草生えた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.